2017年7月30日日曜日

インターハイ詳細 訂正

インターハイでの劇的な勝利の当日、記憶に従ってブログに書き込みました。2面展開で2面ともマッチポイントを何本も握られ印象での書き込みでした。次の日、記録室に行きジャッジペーパーをコピーしてもらいました。ジャッジペーパーを詳しく調べ印象とは異なる点がありましたので、訂正させていただきます。

高田商業高校(準々決勝)
☆金子・佐藤ペア はファイナル2-6でマッチポイントを取られたあと、6ポイント連 
 取して勝利。(マッチ4本)
☆根本・齋藤ペア はゲームカウント0-3、ポイント1-3でマッチポイント2本取ら 
 れた。この時点で根本ペアは2ポイントしかとっていなかった。挽回してジュースにし
 た後もマッチポイントを1本取られ(計3本)ていたが逆転してファイナルへ。ファイ
 ナルでは6-3でリードしていたが、2本挽回され6-5でまだリード。並ばれると負
 けそうな流れ。1チャンスを齋藤がポーチで決め勝利。

木更津総合高校(準決勝)
☆根本・齋藤ペアの4ゲーム目は20-18でした。4ゲームのジャッジペーパーの欄で
 は書ききれず1ゲーム目の2段目に書いていました。

東北高校(決勝)
☆金子・佐藤ペアはファイナルで1-5負→3-6負→ジュース、その後もマッチポイン
 トを1本取られ、その後に勝利。(マッチ4本)
☆根本・齋藤ペアはゲームカウント1-3負→2-3負のポイント2-3でマッチポイン
 ト1本。ファイナルは2-4負から4-4→4-5負→5-5→7-5で勝ち。
 (マッチ1本)


 高田商業戦ではマッチポイント7本、東北戦ではマッチポイントは5本、合計12本のマッチポイントをしのいでの勝利となりました。(前回のブログでは15本と書き込んでいました)
 どのマッチポイントを1本失っても敗退でした。ちなみに12本連続でポイントする確率は4096分の1です。数字的にも奇跡の勝利。顧問の白幡は数学教員です。




2017年7月26日水曜日

インターハイ団体 優勝!!!

7月23日(日)・24日(月)個人戦、25日(火)団体戦の日程で福島県会津若松運動公園テニスコートでインターハイが行われました。個人戦には4ペア参加しました。

個人戦
根本・齋藤龍ペア ベスト32(2位になった上岡・広岡ペアに負けました)
村田・齋藤大ペア 3回戦敗退
旭 ・渡邊 ペア 3回戦敗退
大越・小杉 ペア 2回戦敗退

団体戦
2回戦 上田千曲高校(長野県) ③ー0で勝ち
3回戦 高崎商業高校(群馬県) ②ー0で勝ち
準々決勝 高田商業(奈良県)  ②ー1で勝ち
準決勝 木更津総合高校(千葉県)②ー1で勝ち
決勝  東北高校(宮城県)   ②ー1で勝ち
見事!優勝!


準々決勝の高田商業戦は羽黒高校にとって2月のアゼリアの決勝と選抜の決勝で負けた高校でなかなか越えられない高い壁でした。高商はインターハイ個人戦では1位・3位・ベスト8と団体でも優勝候補筆頭でした。
1対戦目 金子・佐藤 対 北本・大橋
ファイナル2-6で4本マッチから逆転して勝利
2対戦目 村田・齋藤大 対 坂本・根本 
2-4 で敗退
3対戦目 根本・齋藤龍 対 山根・林
2面展開で金子ペアが接戦をしている中で始まった3対戦目。あっという間に0-3でリードされる。金子ペアがファイナル2-6でマッチを取られている頃、根元ペアも1-3の1-3でマッチをとられ、負けるのは必死。しかし、奇跡の大逆転劇が2面どちらでも起りました。奇跡の勝利で優勝候補の高田商業を撃破しました。埋め尽くされた会場はざわざわとなったそうです。

 準決勝の木更津総合高校の3番勝負では1-2で負けている4ゲーム目20-18?位の大接戦。相手後衛のフルスイングがことごとく入り、相手前衛もポイントで勝負してきました。接戦の4ゲーム目を何とかとった根本ペアがそのまま④ー2で勝利。4ゲーム目を取られていたら危ない試合でした。

 決勝は練習試合をいつもさせてもらっている東北高校(いつも練習試合している高校同士での決勝は本当に嬉しかった。)、インターハイ直前も一緒に練習会していました。羽黒高校と東北高校は東北インドア・全国私学・東北大会と公式戦では羽黒高校が3連勝中ですがいずれも大接戦。今回の決勝も金子・佐藤ペアがファイナル1-5から3-6でマッチを取られたが、ジュースの後、勝利。根本ペアは3-1の3-1でマッチを取られていと思います。ファイナルでもマッチを取られたはず・・・しかし、ジュースの後勝利。

今大会でマッチポイントを合計何本取られたのかわかりません。多分15本は超えていると思います。どの1本を取られても敗退でした。超ギリギリ、紙一重、奇跡。

 山形県から近かったこともあり、たくさんの応援・支援・サポートがありました。県連盟、県高体連、OB、OG、保護者、保護者OB・OG、山形県の他校生、練習試合をしてくれた高校、テニス関係者、本当に多くの方の応援ありがとうございました。どの1つも欠けていたら優勝は達成できなかったと思います。本当にありがとうございました。
 目標としていた日本一になれました。これからは日本一にふさわしい人間になれるように生活を見直し、成長していきましょう。
 羽黒高校での練習をきちんとしていれば日本一になれるということに自信を持ってこれからの練習に励みましょう。





2017年7月14日金曜日

県国体予選 1・2・3位

山形市落合テニスコートにおいて7月8日(土)県国体予選、9日(日)に国体最終選考会が行われました。今年の本国体は愛媛県今治市で10月8日~9日に行われます。
毎年のことですが、テニス関係で進学がほぼ確定している3年にとってはいいのですが、10月までテニスを一生懸命に練習することは相当に厳しいことです。毎年そんな中で国体への取組・強化が進んでいます。

8日(土)県国体予選
1位 金子・佐藤(羽黒3・3年)
2位 澤田・荒木(羽黒1・1年)
3位 旭 ・渡邊(羽黒3・2年)
ベスト8 渡辺・田中(羽黒3・3年)
     大越・小杉(羽黒1・2年)
     村田・齋藤(羽黒3・2年)

※根本・齋藤龍ペアは東北大会の個人戦で優勝し、国体メンバーに確定しています。その 
 ため、県国体予選・最終選考会に出ていません。

9日(日)国体最終選考会
1位 金子・佐藤(羽黒3・3年)
2位 旭 ・渡邊(羽黒2・3年)
3位 村田・齋藤(羽黒3・2年)

という結果でした。最終的なメンバーについては、県体育協会の承認を得てから発表となりますので、ここでは公表できません。

2017年6月27日火曜日

ハイジャパ2017 ダブルス2位!




6月22日(木)に開会式、23日(金)にシングルス、24日(土)にシングルス準決勝~・ダブルス予選、25日(日)にダブルス決勝トーナメントという日程でハイスクールジャパンカップ2017が札幌市円山テニスコートで行われました。



シングルスの山形県代表はシングルス県予選で優勝した 佐藤 大和(羽黒3年)

ダブルスの山形県代表は県春季大会で優勝した 根本(2年)・齋藤龍(2年)ペア(羽黒)が出場しました。



シングルス:ベスト16

1回戦 大分商業     ー2 で勝ち 

2回戦 加藤学園:静岡県 ー2 で勝ち

3回戦 岡崎城西:愛知県 1- で敗退

接戦をものにし、勝ち上がっていきましたが、3回戦は相手のボールの速さにタイミングを合わせることが出きず、敗退。



ダブルス:準優勝

予選リーグ 
北北海道    ー0 で勝ち

川口総合:埼玉 ー0 で勝ち  予選リーグ1位抜け



決勝トーナメント

1回戦 矢板中央:栃木ー0 で勝ち

2回戦 豊南:東京都 ー3 で勝ち

準々決勝 能登:石川 ー2 で勝ち

準決勝 尾道:広島  ー1 で勝ち

決勝  上宮:大阪  2- で敗退



2回戦の豊南戦が大きな山場でした。2日目の初戦で雨の中での試合でした。ミスが続き竸った1ゲーム目を失うと、その後、丁寧にプレーしフォローされ、相手前衛のポーチが決まりゲームカウント0-3。相手前衛が勝ちを意識したのかチャンスボールをミス。流れが変わりファイナルへ突入(それまでにマッチポイントは3本)。ファイナルでも1-4。しかし、4-5と逆転した時に雨が強くなり中断(そのままやってほしかった)。1時間半後再開。斎藤が相手前衛のレシーブのポーチを見事に決め、最後は相手後衛がネットしゲームセット。奇跡的な勝利でした。決勝ではゲームカウント2-1、カウント2-0までリードしましたが見えないプレッシャーからか決めきれず2-4で敗退。あの独特のプレッシャーは経験した人にしかわからないものだと思います。この経験を次に生かしてほしいと思います。




2017年6月19日月曜日

東北大会 団体優勝 個人1・2・3位!

岩手県北上市和賀川グリーンパークテニスコートで17日(土)に団体戦、18日(日)に個人戦が行われました。団体戦は5年前に優勝して以来2回目の優勝です。個人戦はベスト4に3ペアと驚きの結果となりました。優勝は根本・齋藤龍ペアで県春季・県総体に続いてのタイトルとなります。

団体戦
予選リーグ
仙台工(宮城) ③-0 で勝ち
田村(福島)  ③-0 で勝ち
弘前実業(青森)③-0 で勝ち
決勝トーナメント(準決勝)
黒沢尻北(岩手)②-0 で勝ち
決勝
東北(宮城)  ②-0 で勝ち

準決勝で金子が足をつったため、決勝では急に2番目に出場となった旭・齋藤大ペアが全中個人1位の北野・鈴木ペアに4-1で勝利。3番目に出場した根本・齋藤龍ペアは0-3で負けているところから挽回し3-3のファイナルへ、そのまま流れをつかみ勝利。1番目の村田・渡邊ペアは3-0リードから挽回され3-3でファイナルに突入中でした。奇跡の優勝でした。

個人戦
1位 根本・齋藤龍(2年)
2位 旭(2年)・渡邊(3年)
3位 金子・佐藤(3年)
ベスト8  村田(3年)・齋藤大(2年)
べスト16 渡辺・田中、大越・小杉
※澤田・荒木ペアは3位入賞の北野・鈴木ペアにファイナル敗退

羽黒高校としては、個人戦初優勝。しかもベスト4に3ペアという今までにない好結果となりました。羽黒高校の練習をきちんとしていれば、東北ブロックでも十分勝てるということに自信を持つことができました。インターハイに向けても自信を持って思い切ってプレーしてもらいたいと思います。





2017年6月5日月曜日

県総体 団体優勝 個人4ペアIHへ

6月2日~4日まで山形市落合テニスコートで県総合体育大会ソフトテニス競技が開催されました。
 昨年は県総体で個人戦ベスト4独占にも関わらず、団体戦でインターハイ出場できませんでした。今年は天候や調子、相手の作戦など様々なことを想定し準備を進めてきました。大会中も「去年の悔しさを思い出せ」と何度も気持ちを引き締めて臨みました。何とか団体では無失点で優勝しインターハイに挑戦できることとなりました。選手はもちろん、たくさんの関係者から応援していただいたおかげと思っています。ありがとうございました。
 アゼリア2位、全国私学2位、全国選抜2位と3大会連続で決勝で敗退していますのでインターハイではぜひ優勝を目指してこれからも練習の励んでいきたいと思います。本番もみなさんの応援よろしくお願いします。


団体 1位

個人 1位 根本(2)・齋藤龍(2)(2冠)
   2位 村田(3)・齋藤大(2)
   3位 旭 (2)・渡邊直(3)
   5位 大越(1)・小杉(2)  以上インターハイ出場
   5位 渡辺(3)・田中(3)
   5位 澤田(1)・荒木(1)
   9位 金子(3)・佐藤(3)  以上東北大会出場

 個人戦では、第2シードの金子・佐藤が敗退してしまいました。インドアでの全国大会では一番勝率が高く、全国でも勝ち抜ける力があるペアと思っています。個人戦ではインターハイ出場に縁がなかったわけですが、団体戦での活躍に期待しています。
 他にも昨年インターハイに出場していた選手が接戦で負けるなど、勝負の厳しさを痛感させられました。
 インターハイへの出場権を獲得した選手は、悔しい思いをしている選手の分も精一杯、頑張ってもらいたいと思います。





2017年5月16日火曜日

地区総体・選抜準優勝祝勝会

 5月13日~14日に小真木原テニスコートいおいて地区総体が行われました。
13日は個人戦です。予選トーナメントを行いその後、スーパーシードを加えて決勝トーナメントを行う形式です。羽黒高校からはスーパーシード6ペア(県春季大会ベスト16~)です。予選トーナメントから羽黒高校が4ペア抜けました。

14日は団体戦です。県総体は全県で全校出場できますし、県インドア大会の結果で第1シードも確定しています。羽黒高校は男女とも今までメンバーに入っていない選手でも、この大会は3年生を優先してチームを組んでいます。今大会も接戦となる試合もあり、苦しい時もありましたが、今回も何とか優勝しました。

団体 1位

個人戦
1位 村田・齋藤大 ペア
2位 旭 ・ 渡邊  ペア
3位 金子・佐藤   ペア
3位 根本・齋藤龍 ペア


選抜準優勝 祝勝会
 5月13日(土)個人戦が終わった後、東京第一ホテル鶴岡で総勢100名を超す参加者の中、選抜準優勝祝勝会が行われました。羽黒高校の校長、クラブ後援会長、地区連盟会長、参与、ミズノ、地元スポーツ店、関係の中学など顧問など、多くの方に参加いただきました。本当にありがとうございました。記念品もいただき、夏のインターハイに向けて生徒・監督が気持ちを新たに覚悟を決める会でもありました。

 選抜2位のことは、この祝勝会で一区切りとして忘れ、次のインターハイに向けてチャレンジ精神で向かっていきたいと思います。
 昨年は県予選の決勝戦で山形中央高校に敗退しています。あの悔しさを思い出し、何があっても勝てる細心の準備をしていきます。

 選手・部員はもちろん、OB・OGの生徒・保護者、一緒に練習してきた選手、関係者全員の気持ちを一つにして、インターハイ団体制覇という一番の目標達成のために頑張りましょう。