2018年2月12日月曜日

アゼリアカップ 初優勝!

2月10日~11日に香川県高松市総合体育館でアゼリアカップが行われました。
この大会は選抜大会予選である各ブロックの上位のチームが参加しています。西日本のチームが中心の大会です。東北ブロックからは1チームしか参加できません。

羽黒高校は昨年、アゼリアカップ初出場で準優勝しています。その後、全国私学大会と選抜大会で2位、そしてインターハイ優勝とつながっていた大会でもあります。

羽黒高校は第2シードでした。

2回戦 新田高校(愛媛県)③-0 で勝利
3回戦 三重高校(三重県)②-0 で勝利
準決勝 南陽工業(山口県)②-0 で勝利
決 勝 高田商業(奈良県)②-1 で勝利

決勝では
1対戦目:中別府・池口と澤田・荒木が対戦し、競りましたが4-2で敗退
2対戦目:下原・林と根本・齋藤龍が対戦し、ファイナルで勝ちました。駆け引きやスーパープレーの応酬で見ている側にとっても面白い試合でした。
3対戦目:花岡・増田と旭・齋藤大が対戦しファイナルで勝ちました。1-2で負けている時にネット際のチャンスボールを相手前衛がスマッシュしたとき、齋藤がネット際でさりげなくラケットを出してフォローを決めた。そこから流れが変わって逆転できたように私は感じました。

 大会では日曜日に飛行機で帰るため、決勝戦は2面展開でお願いしました。決勝戦が終わったあと閉会式にも参加できず、会場をあとにしました。大会役員の方には大変申し訳なく思っています。何とか飛行機にも間に合い今日は、11時頃から練習に合流しました。

 選抜大会の前哨戦とも言われているこの大会で優勝できました。優勝には自信を持ちながらも謙虚な気持ちで練習に臨み、選抜大会までに1~2ランクレベルアップして優勝を目指したいです。
 




2018年1月23日火曜日

東北インドア大会 2連覇で全国選抜大会へ!

1月19日(金)~21日(日)に宮城県グランディー21で東北高等学校インドアソフトテニス大会が行なわれました。

19日(金)個人戦
根本・齋藤龍ペア 第3位
澤田・荒木 ペア 第3位

20日(土)~21日(日)
予選リーグ 対 秋田北鷹        (秋田県) ②ー1 で勝利
      対 ウルスラ英智(宮城県) ③ー0 で勝利

準決勝   対 盛岡工業  (岩手県) ②ー1 で勝利
決勝    対 東北    (宮城県) ②-1 で勝利

 羽黒高校はインターハイで団体優勝した登録メンバー8人中4名が残っている。東北高校は2年生に全中の個人ベスト4、8人中5人いるため、今後も何度も大会の決勝で当たることと思います。今回はオーダーの当たり方や運を味方に付け、羽黒高校が優勝しました。今大会で優勝すると2月10日~11日に高松市で行われるアゼリアカップに出場できます。そこで、新チームでの位置を確認し、3月28日~30日(名古屋市ガイシホール)の全国選抜大会に向かっていきたいと思います。
 選抜には6回目(?)の出場で、過去最高は昨年度の2位。3月まで練習を重ね、納得のいく試合ができるように頑張りたいものです。



2017年12月18日月曜日

東北市学、県新人、なみはやカップ、県インドア 結果

東北私学大会(10月)、県新人戦(11月)、なみはやカップ(11月)、県インドア大会(12月)と大きな大会の報告をしていませんでした。


東北私学大会では、個人戦1位(旭・齋藤大ペア)、団体は雨のため中止
天皇杯のため、東北高校の上位2ペアが不参加。根本・齋藤龍の優勝かと思われましたが旭・齋藤大が思い切りのいいプレーで優勝しました。


県新人戦では、団体戦が1位、個人戦1~3位独占(東北インドア大会に出場できます。
1位:澤田・荒木、2位:根本・齋藤龍、3位:旭・齋藤大、3位:大越・小杉
1年生ペアが優勝しました。澤田の力のあるシュートが深く入り、ミスの少ない根本のコントロールを狂わせました。


なみはやカップ(大阪)では団体1位。決勝で上宮を3番勝負ファイナルで勝ち。
個人1位(旭・齋藤大ペア)
高田商業、上宮、岡山理科大、岡崎城西、尽誠など、強豪校が多い中での優勝は価値ある優勝です。やってきた練習に自信を持ち、更にレベルアップを図りたいものです。


県インドア大会では、負けたペアなしで優勝しました。東北インドア大会に団体、個人4ペア出場します。宮城県グランディー21、1月19日(金)~21日(日)の日程です。東北ブロックからは4チームが選抜に出場できます。


2017年10月11日水曜日

愛媛国体 3位入賞!

少年男子は愛媛県今治市スポーツセンターテニスコートで10月8日~9日に国体が行われました。

2回戦  対北海道 3-0で勝ち
3回戦  対熊本県 2-0で勝ち
準々決勝 対沖縄県 2-0で勝ち
準決勝  対島根県 1-2で敗退
3位決定戦 対宮城県 2-1で勝ち

結果 3位

 国体は前年度のベスト8がそのままシードになり、インターハイや選抜の結果は反映されません。そのため、第9シードに当たる組み合わせとなった。パックに北海道、8本決めでは地元愛媛または、練習試合を何度かやり勝ったり負けたりしている群馬県と油断できない組み合わせです。
 1日目は金子・佐藤ペアの調子がなかなか上がらず、2回戦、3回戦、準々決勝の3試合ともファイナルで勝ち。シングルスの村田は安定したプレーで最後まで全勝。根本・齋藤は2回戦以降出番がなく1日目を終了。
 2日目、島根県戦では、気持ちを切り替えて金子・佐藤が試合に臨んだが、安定しない中ファイナルでマッチポイントを4本握るも敗退。村田は勝ち。根本・齋藤の3番勝負は相手のフルスイング、思い切りのいい攻撃を押さえることができず敗退。昨年に続き島根県に敗退しました。3位決定戦では、何度も対戦し練習試合もしょっちゅうしている宮城県戦。金子・佐藤が敗退。村田がシングルで今まで勝ったことがなかった北野から4-2で勝ち3番勝負へ。根本・齋藤ペアが接戦をものにして勝利。決勝には行けませんでしたが、3年生にとって最後の団体戦を勝利で終わることができました。

 インターハイで優勝したあと、目に見えないプレッシャーに覆われていたはずです。そんな中での3位入賞、立派な結果です。1・2年生はこの結果を超えられるように努力を重ねていって欲しいと思います。


☆団体戦最後の3年生 いい笑顔で終わりました。ご苦労様でした。




☆コーチの二郷先生とサブの旭選手を含めて国体8名で臨みました。







2017年9月23日土曜日

部活動体験 10月14日午後と15日

 顧問の白幡は国体があり、10月7日のオープンキャンパスで不在です。そのためソフトテニス部の部活動体験ができません。そこで、10月14日の午後(午前は登校日)と15日(1日)部活動体験を計画しています。羽黒高校に興味のある中学3年生は是非参加してください。よろしくお願いします。


 14日(土)は13時~17時です。鶴岡・酒田・新庄地区の中学校には部活動顧問の先生あてに文書と申込書を羽黒高校から送ってあります。希望する人は顧問の先生に希望することを伝えてください。個人的に参加する場合、他地区の場合は、直接白幡に連絡ください。→学校または白幡の携帯へ


 15日(日)は9時~17時です。14日に参加できない人や鶴岡・酒田・新庄地区以外の生徒と考えています。参加する場合は家庭の責任での参加となります。希望者は羽黒高校のソフトテニス部・OB・OG かその保護者・関係者。または白幡に直接連絡ください。学校か携帯に連絡お願いします。


高校でもソフトテニスを続けたい中学3年生、やる気のある中学3年生の参加をお待ちしています。

        
                         学校:0235-64-0851
                      白幡:携帯090-2606-6593

2017年8月24日木曜日

ミニ国体 2位

 8月19日(土)~20日(日)秋田県大館市高館テニスコートで東北総合体育大会ソフトテニス競技が行われました。今年は少年男子は全県出場のため、いつもの緊張感はありませんでしたが、シングルスを導入しての団体戦はいつもとは違った雰囲気の中進んで行きました。
 初戦の宮城県戦では1試合目が敗退。シングルスでは佐藤がファイナルでマッチポイントを1本取りましたが敗退。3試合目は勝利しましたが1-2で敗退。
 2対戦目からはシングルスが全敗、ダブルスが2勝する形で4試合とも2-1で勝ち、結果4勝。


結果
4勝1敗で2位

※シングルスが大きな課題となりました。練習では結構いけると思っていた選手が本番で 
 は自滅で敗退。シングルスの難しさが露呈しました。本番まで調整していきたいと思い 
 ます。








2017年7月30日日曜日

インターハイ詳細 訂正

インターハイでの劇的な勝利の当日、記憶に従ってブログに書き込みました。2面展開で2面ともマッチポイントを何本も握られ印象での書き込みでした。次の日、記録室に行きジャッジペーパーをコピーしてもらいました。ジャッジペーパーを詳しく調べ印象とは異なる点がありましたので、訂正させていただきます。

高田商業高校(準々決勝)
☆金子・佐藤ペア はファイナル2-6でマッチポイントを取られたあと、6ポイント連 
 取して勝利。(マッチ4本)
☆根本・齋藤ペア はゲームカウント0-3、ポイント1-3でマッチポイント2本取ら 
 れた。この時点で根本ペアは2ポイントしかとっていなかった。挽回してジュースにし
 た後もマッチポイントを1本取られ(計3本)ていたが逆転してファイナルへ。ファイ
 ナルでは6-3でリードしていたが、2本挽回され6-5でまだリード。並ばれると負
 けそうな流れ。1チャンスを齋藤がポーチで決め勝利。

木更津総合高校(準決勝)
☆根本・齋藤ペアの4ゲーム目は20-18でした。4ゲームのジャッジペーパーの欄で
 は書ききれず1ゲーム目の2段目に書いていました。

東北高校(決勝)
☆金子・佐藤ペアはファイナルで1-5負→3-6負→ジュース、その後もマッチポイン
 トを1本取られ、その後に勝利。(マッチ4本)
☆根本・齋藤ペアはゲームカウント1-3負→2-3負のポイント2-3でマッチポイン
 ト1本。ファイナルは2-4負から4-4→4-5負→5-5→7-5で勝ち。
 (マッチ1本)


 高田商業戦ではマッチポイント7本、東北戦ではマッチポイントは5本、合計12本のマッチポイントをしのいでの勝利となりました。(前回のブログでは15本と書き込んでいました)
 どのマッチポイントを1本失っても敗退でした。ちなみに12本連続でポイントする確率は4096分の1です。数字的にも奇跡の勝利。顧問の白幡は数学教員です。